イスラム教徒を観光ターゲットにする上で必要になる総合情報サイト

>

他にもポイントが!おさえておこう

大型のお店なら必須!?

最近では、イスラム教徒の方も良く日本に観光に訪れます。
せっかくなら、楽しんで帰ってほしいですよね。
そこで、細かなことですが、イスラム教徒の方を思いやることのできるポイントをお伝えします。

イスラム教徒の方は、一日に決まった時間、決まった回数を、聖地に向かって礼拝しなければなりません。
床に頭を擦り付けなければならないので、マットなどを普段から持ち歩いているのですが、路上でやり始めてしまうと他の方に迷惑をかけてしまうので、落ち着ける場所を探すことが大変なんです。
大型のお店では、礼拝室という部屋を設けて、落ち着いておこなえるようにしているところもあるんです。
もし、空きスペースなどがあったら、礼拝室として使ってもらうのはいかがでしょう。

醤油も注意!?

先ほど、イスラム教徒の方は肉がダメだから、ハラルフードにしましょうと申し上げました。
しかし、食材以外にも彼らにとって食べてはいけないものがあるんです。
それは、調味料。
「そんなものまで?」と思われた方も多いでしょう。
実は、日本食でよく用いる醤油には、長く保存するためにアルコールが含まれているんです。
ですので、最近では醤油で有名なキッコーマンではハラルの醤油なども発売されています。
調味料って、意外と何も考えずにいつものものを買ってしまいがちですよね。
あなたのお店にある醤油にアルコールは含まれていますか?
もしアルコールが含まれているなら、原材料名のラベルにきちんと書いてあるはずですので、確認してみてくださいね。


この記事をシェアする